伝記 はんざき物語

<伝記 はんざき物語>


  今から400年の昔(文禄の初め)、龍頭が淵(現 鯢(はんざき)大明神の前面の旭川)に長さ三丈六尺 (10.90メートル)、 胴回りは一丈八尺(5.50メートル)の大はんざきがすんでいて、その付近 を人や牛馬が通ると尾を振って掻き込み、呑まれてしまうので怖れて近付く者がおりませんでし た。あ る時、三井彦四郎という向湯原村の若者がこれを捕らえようと 短刀を口に淵に飛び込みました。しばら くすると、水底から血がふき上がり、巨大なはんざきが浮かび、内側から切り開かれた 腹から彦四郎が はい出てきました。 その後、彦四郎の家では夜な夜な戸をたたいて号位する声が聞こえ、ついに一家は 死滅してしまいました。 そのようなことが あって村人たちは、鯢(はんざき)大明神の祠を建て祀る ようになったとのことです。 この伝説にも由来し、毎年8月8日に開催する「はんざき祭り」は、湯本を中心 に町中総出で行われます。




湯原町文化財へ



ホームページへ

|湯原町文化財ページへ| |湯原町史跡指定ページへ| |湯原町工芸考古ページへ| |湯原町石造美術ページへ| |湯原町彫刻ページへ| |湯原町建造物ページへ| |ホームページへ|